恨み残さじ 空也十番勝負 青春篇

「無言の行」を解禁して、会話するようになった空也ですが、 ・・・やはり・・・と言うか、 未だキャラが薄いのは、しょうがないですかね。 磐音様はいろいろと強烈で、ギャップ萌え出来たもんですが、 空也は優等生過ぎるかな こうなったら、一人グリーンベレーな部分をもっともっと押し出してもらって、 笑顔が可愛いけどスイッチ入るとランボーみたい・・・ってな感じでお願い…

続きを読む

No-image

驚きました・・・(*_*)

久しぶりに管理画面を開いたら、 BIGLOBEから以下のようなお知らせが届いていました!!! (8/9)アルバムサービス終了(2018/1/15)のお知らせ http://info.at.webry.info/201708/article_1.html 私は現在、記事の更新を休止してる状態ですが、 今までアルバムサービスを利用して、 けっこうな数の画像と、それに伴い当時の…

続きを読む

2016年10月~11月に観た映画

ジェイソン・ボーン    ☆☆☆ このシリーズ、実は初めて観ました。 なので語る資格無い・・・ 初心者的には、 マット・ディモンが 理屈抜きにカッコイイ☆ トミー・リー・ジョーンズは、宇宙人👽にしか見えない。スマンm(__)m レイキャビク、アテネ、ベルリン、ロンドン、ラスベガス・・と、 ロケ地の映像が豪華☆ 前3作を遡って見たくなる…

続きを読む

2016年12月に観た映画

海賊とよばれた男       ☆☆☆☆ 百田尚樹さんの同名小説を映画化。 出光興産の創業者:出光佐三さんをモデルにした、 日本の戦前~戦後の石油事情を取り扱った作品で、 原作を読んで、映像化されるなら是非観てみようと思ってました。 主演は「永遠の0」に続いて、岡田准一くん。 思わず「くん」付けしちゃうほど、まだ若いのに、 60代の国岡鐵造を見事に演じていて、ビックリ{%びっ…

続きを読む

陽炎の辻 完結編~居眠り磐音 江戸双紙~

2017年1月2日に放送された NHK正月時代劇「陽炎の辻 完結編 ~居眠り磐音 江戸双紙~」 7年振りに完結編として帰ってきた、ヤマコーさまの代表作 私が原作を知るキッカケになった大好きなドラマの新作が、 7年後に同じキャストで見られるとは! こりゃ、ミラクルと言い切って良し! でも、重要なエピソードをすっ飛ばして、…

続きを読む

2016年8月~9月に観た映画

ゴーストバスターズ     ☆☆☆☆ 30年前の大ヒット映画:ゴーストバスターズの、リメイク作品(今風に言うと、rebootか)。 当時、私は映画館では観れなかったけど、 何度も何度もTV放送されたし、 レイ・パーカー・Jrのミュージックビデオを見たりして、 馴染み深い作品です☆ 内容的に、最新映像技術と相性良いのは想像つくけど、 更に一捻り、主要キャストを理系女子に置き換…

続きを読む

声なき蝉 上下巻 空也十番勝負 青春篇

声なき蝉 上巻 空也十番勝負 青春篇       佐伯泰英 著  声なき蝉 下巻 空也十番勝負 青春篇       佐伯泰英 著  公式HP →  http://kuya10ban.jp/ 1年前に「居眠り磐音江戸双紙」シリーズが完結した時、 磐音の息子・空也の物語が始まるとは、 私は全く予想してませんでした。 人気シリーズを幾つも抱える佐伯先生には時間が足らないだろ…

続きを読む

No-image

2016 → 2017

90日間更新しないと、サイドバーの広告欄がデカくなっちゃう!!! という事で、 この場を借りて2016年、年末年始のご挨拶でコソッと更新しておきます 今年一年を無事に越すことが出来た感謝と、 来年の皆様のご多幸をお祈りいたします。 個人的には、 来年こそ長期休暇を・・・(難しいかなぁ) では、有意義な年末…

続きを読む

ブログ12年目の秋・ご挨拶とお知らせです(^-^)

2016年・秋・白露の候 2005年の春からBIGLOBEのウェブリブログを続けて以来、 10年以上が経ちました 塵も積もれば山となるもので、 遂に画像容量が一杯になり、 画像データを記事にUPすることが出来なくなりました 課金コースに契約変更する手もあ…

続きを読む

2016年6月~7月に観た映画

64 後編      ☆☆☆ 群像劇になった後編は、 早い段階で事件の全貌が見える展開になり、 それがどう出るか見ものでしたが・・・。 結局、以下2点が自分の期待とズレてました。 ・一見関係ないエピソードを重ねて、最後に「64」が正体を現す・・・という、原作の流れの方が好み ・松岡捜査一課長が、原作ほど活躍してない(← かなり期待してたので) 原作と変更されたラストの内…

続きを読む

カフェ・ドュモンド@山口 防府

カフェ・ドュモンドさんは、 アメリカのニューオーリンズを拠点に展開してるカフェ 日本では知名度低いですが、 アメリカ南部では、当たり前に存在するお店らしいです。 そんなカフェ・ドュモンドが、 何故かダスキン傘下で14店舗、国内に有るのですが、 その1つが防府駅前のイオン店。 https://www.cafedumonde.jp/ 定番…

続きを読む

桐島、部活やめるってよ

桐島、部活やめるってよ        朝井リョウ 著 夏になると、 何故か、青臭い話しが読みたくなります この本は5,6年前に話題になり、 2012年には映画化(日本の映画賞総ナメしたそうです)された、ロングセラー青春小説 特徴的なタイトルは、 「○○が、◇◇するってよ」と、バラエティ番組でしばしば用い…

続きを読む

ふく@山口 防府

ふく・・・と言っても、フグではなくて、 フクロウの「ふく」ちゃんです。(食べられません) 殺伐としたニュースばかり聞こえてくる中、 こんなローカルニュースを見て、 ↓ https://www.youtube.com/watch?v=Fhi6fxoHtiM 2か月ほど前、宮司の石村守さん(69)が、本殿の裏に衰弱してうずくまっている1羽のひなを見つけました…

続きを読む

銀翼のイカロス

銀翼のイカロス      池井戸 潤 著 こちらは、 「半沢直樹シリーズ」、第4弾。 だいぶ前に読んだので、細かいところは忘れちゃいましたが、 なかなか面白い作品でした 作中の出来事などは、実在の人物・団体・事件と一切関わりありません・・・となってるものの、 「JAL再建」関連がモデルと言い切っちゃって良いでしょう。 数ページ読んだところで、直ぐ分かり…

続きを読む

ようこそ、わが家へ

ようこそ、わが家へ    池井戸潤 著 長閑なタイトルですが、 テーマは“身近に潜む恐怖” 平凡なサラリーマンのお父さんが、 ある日、駅のホームで割り込みをしようとした「男」を注意しました。 すると、その日からお父さんとその家庭に、逆恨みした「男」から嫌がらせが始まります。 お父さんは、出向先でも社員の不正疑惑に直面。 公私共、災難に巻き込まれ、さぁ、どうする・・・…

続きを読む

2016年3月~4月に観た映画

エヴェレスト 神々の山嶺    ☆☆ 夢枕獏の山岳小説「神々の山嶺」の映画化作品。 エヴェレスト登山にとり憑かれた天才登山家の、あれやこれや。 現地ロケの映像が多く、 最高5200m地点での撮影や、 ネパールの首都:カトマンドゥの風景など、 レアな映像を楽しみました。 カトマンドゥの撮影は、 2015年4月に起きた大地震前に行われたので、 震災前の町並みが収められた貴重な映…

続きを読む

2016年2月に観た映画

オデッセイ     ☆☆☆☆ 原題:The Martian 監督、リドリー・スコット 主演、マット・ディモン 原作は、SF小説「火星の人」(2011年出版) この映画はゴールデングローブ賞の「ミュージカル / コメディ部門」で、 作品賞と主演男優賞を受賞した作品です。 観る前にその情報を聞いたとき、 何故コメディ?と思ったんですが、 観て、大いに納得{%電球webr…

続きを読む